雑記 2017/10/09 妖怪博覧会!   

 銀狐の執筆ばかりやっていてすっかり間が空いてしまいましたが、今となっては過ぎ去りし夏、秋田で開催されていた妖怪展に行って参っておりました。ほんっっと今更ですけど。
 というわけですので、また写真を貼っておこうと思います。
 例によってヘタクソ撮影なので、素人感あふれる味のある写真ということでご容赦ください(´-`)





 本命は秋田の妖怪展だったのですが、ちょうど東京でも面白い展覧会がやっていたので行ってきました。
 月岡芳年の妖怪浮世絵展です。

 妖怪展2017_01



 月岡芳年は、妖怪好きならば名は知らずとも絵は必ず見たことあるはず!なくらいに妖怪界隈では功績の大きな浮世絵師です。代表作でもある「和漢百物語」「新形三十六怪撰」は、そのあたりの妖怪紹介本を開けば間違いなく一部が掲載されているといっても過言ではないほど。
 私の一番好きな妖怪絵師でもあるので、道に迷いながらも頑張って行ってきました。

 場所は、原宿の太田記念美術館。個人の美術館なので決して大きくはありませんが、展示室には畳が引かれていたり、日本庭園を象った休憩所が設けられていたりと、とても穏やかな心地で絵を鑑賞できる素敵な美術館です。
 実際間近で見る芳年の作品は格別でした。あれです。本に載っている写真程度では、芳年の絵の素晴らしさをなにも表現できていなかったのだと気づかされました。線や模様が驚異的なほど細かく繊細に描き分けられていて、あれが木版で刷られた物だとは今でもまったく信じられません。
 私、浮世絵ってもっと大雑把というか、豪快なタッチで描かれるものだと思っていたのですが、その先入観を根底から覆されました。しかしその一方で、絵の構図はどれも大胆であり躍動的。動き出したら壊れそうなほど繊細な線で、今にも動き出しそうな一瞬を見事なまで切り取った芳年の浮世絵には、まさしく必見という評価がふさわしいでしょう。
 今後も彼の絵は様々な展覧会で展示されるでしょうから、お近くで開催された際は是非是非、ひと目ご覧になってみてください。

 展覧会を見終わったあとは、すぐ近くの明治神宮に行ってきました。以前テレビで見て以来、ずっと行ってみたいなーと思っていたのです。

 妖怪展2017_02



 かねてより行きたいと思っていた神社の近くで、一番好きな妖怪絵師の展覧会が行われる……これは運命というやつに違いなかったのだと思います。
(いつものように、ぷらいばしーを守るために星見が出撃しております。)

 妖怪展2017_03



 改修中で本殿垂れ幕だったんですけどね!!!!

 ………… ○| ̄|_

 しかし、なにも本殿だけが明治神宮の魅力ではありません。明治神宮御苑、すなわち庭園もまた立派なスポットのひとつ。というより、最近は日本庭園を歩くのがどんどん好きになってってまして、むしろこっちがメインといっても差し支えはないくらいです。
 泣いてませんってば。

 妖怪展2017_04



 さておき、こういう雰囲気の中をのんびり歩くのは本当に気持ちがいいです。虫さえいなければ。
 人の手で徹底的に管理し意匠を凝らした庭園というわけではなく、都会のど真ん中とは思えぬ大自然がほぼありのままの姿でのびのびと広がっています。緑地公園を散策している感じに近かったですね。

 妖怪展2017_05



 こんな見晴らしのよいお池もありました。泳いでいた鯉やスッポン大先生を愛でつつ、グルッと一周したあたりで日が暮れてきましたので、一日目はここでおしまい。新幹線で実家に帰りました。

 ……え、清正の井戸? なんか諸事情だかで非公開でしたよ( ゚д゚)、ペッ



 というわけで、日を改めまして、いよいよ秋田にてメインイベント

 妖怪展2017_06


 妖怪展2017_07



 妖怪博覧会!
 夏休み期間でもない平日の朝っぱらということもあり、人は家族連れ程度でほとんどおらず、のんびり自分のペースで観て回ることができました。
 例によって撮影禁止だったので、簡潔にまとめますと。

 当然ながら、去年の大妖怪展とは比べるべくもないほど小さい展覧会でした。ゆっくり観ても一時間はまず掛からない程度で、私はせっかくなので午前中いっぱい使って三周くらいして来ました。
 展示内容は地獄絵、百鬼夜行絵巻、鬼、天狗、河童、狐、狸等々有名どころを広く浅く押さえつつ、秋田ゆかりの様々なローカル妖怪を紹介していました。資料をガッツリ観て学びたい人向けではなく、さっくり気軽に楽しんで回る感じの展覧会だったと思います。

 妖怪展2017_08



 目録もバッチリ購入してきました。
 しかし意外にも、この目録が結構詳しいこと解説しておりまして、単なる展覧会の目録という枠を超えて、これ一冊で立派な妖怪本として成立しているように思います。この目録を買うためだけであっても、充分足を運ぶ価値はあったことでしょう。
 残念ながら、特設の売店の類いはありませんでした。いろんな妖怪グッズが買えると思っていたのですが……(´-`)
 どうあれ、楽しませてもらいました ・w・)人 来年以降も、どこかでこういった妖怪展覧会が開催され続けていけばいいなあと思います。

 午後は、なんと近くに水月水心苑という日本庭園があったので、こちらもバッチリ見て回ってきました。

 妖怪展2017_09



 やっぱり日本庭園はいいですねー。心が癒やされます(´-`)y─┛~~
 家の近くにこんな場所があったら、きっと毎週末でも散歩に行くのになあ。

 妖怪展2017_10


 妖怪展2017_11


 妖怪展2017_12


 妖怪展2017_13



 ところは変わりまして、秋田駅の近くにも庭園&神社があったので足を運んでみました。

 妖怪展2017_14


 妖怪展2017_15


 妖怪展2017_16


 妖怪展2017_17



 神社は、平田篤胤を祀った彌高(いやたか)神社。かしこみかしこみ ・w・)人

 妖怪展2017_18



 どうやら元々はお城が建っていた場所のようで、周りには見回す限り一面の蓮の花畑が。圧巻です。

 妖怪展2017_19



 蓮コラにならないよう頑張った(`・ω・´)
 このあたりで足がいい加減限界を迎え、日も暮れてきましたので、新幹線で帰りました。
 途轍もなく疲れましたが、久し振りに気持ちのよい体験でした。神社、もしくは日本庭園には、これからもちょくちょく足を運んでいきたいものです。

 というわけで、大妖怪展のときは結構ガッツリ書きましたが、今回はだいぶシンプルにしてみました。こんな具合で、SS以外のコンテンツも増やしていきたいんですけどね。ラノベ紹介とか、もうしばらくやってないですし……。

 まあそれはさておきまして、銀狐はいつも通り来週更新予定です。今しばらくお待ちくださいませませ。
 ではでは、今回はこのあたりで筆を擱きます。
 雨宮でした。









2017.10.09(月) 20:00  /  COMMENT(6)  /  TRACKBACK(0)

管理者にだけ表示を許可する
3658/ Re: 夜狐饅頭さん

夜狐饅頭さん>
 やってたんですよおおおおお! 東京なら千葉から一時間くらいで行けちゃうので、他にもいろんな展覧会やってくれていいのよ! ・w・)≡3
 さすがに秋田は遠いですね。東京から片道五時間……さすがに、来年はもっと近場で妖怪展が開催されてほしいなあと思います笑
 芳年は有名な浮世絵師(私見)ですから、今後も各地の展覧会で展示されることでしょう。機会があればぜひぜひっ。本当に素晴らしい浮世絵でしたよ!
 あと神社も。最近コメント書いておりませんが、やこさんのブログはちょくちょくチェックしておりますぞ(`・ω・´)
 ではでは、コメントありがとうございました。


2017.10.15 20:30 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
3657/ Re: 怠惰な奴さん

怠惰な奴さん>
 妖怪展を見て、神社を参拝して、日本庭園を散歩する……なんと素晴らしい一日か(´ω`)
 突貫大明神、ちょっと調べてみましたが、なんで「突貫」なのかは出てきませんでしたね。ううむ、気になりますね。突貫って……やっぱり文字通り「突貫」なのでしょうか?笑 つよそう(粉みかん
 ではでは、コメントありがとうございました。


2017.10.15 20:26 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
3655/ Re: 修復さん

修復さん>
 妖怪展、いいですよー。来年もまた開催されたら是非行きたいです(´ω`) あまり遠くないことを祈るばかり……笑
 明治神宮は、ちょっとタイミング悪かったですねえ。本殿も清正の井戸も見れないという残念仕様……とはいえ書いてある通り、庭園でキッチリ補填できましたのでっ。神社と日本庭園、このふたつはこれからも巡っていきたいところです。
 ではでは、コメントありがとうございました。


2017.10.15 20:23 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
3653/

あああああああああああ!
東京でやってたの全然知らなかった!マジかぁ……行けば良かった(´・ω・`)

今は余裕ないんでアレですけど、いずれ新幹線使って秋田等にも行けるようになったらなと思います。妖怪展もそうですが神社行きたいですね神社!
彌高神社私も行きたい!!


2017.10.15 08:17 / 夜狐饅頭 #- / URL[EDIT]
3652/

いいっすねー、妖怪展。ハァ、行きてぇ...。
日本庭園で!散歩!なんと言う素敵な響き!
そう言えば、今住んでるところの近くに「奉献 突貫大明神」ってノボリがあって、どんな神様?ってなりました。
では、またの更新を楽しみに待ってます。


2017.10.14 17:23 / 怠惰な奴 #- / URL[EDIT]
3647/

記事の更新お疲れさまです
妖怪展覧会いいですね〜 自分も元ネタがあると知れば結構気になるタイプの人間なのでw いつかそうゆうのに足を運んでみたいです
明治神宮の本殿に垂れ幕かかっていたのは本当残念ですね なぜ神社を見にきたのにそれが見れないのか... 雨宮先生に何か補填になるような良いことがあると願ってます
これからも本編同様その他記事も楽しみにしています


2017.10.11 08:20 / 修復 #5e6b/deo / URL[EDIT]

このページのトップへ