雑記 2016/03/12   

 普段はあまりこういった、数量限定のサイン本とか、そういったものには興味を持たないのですが、今回は昔から追いかけている作家さんで、かつネット申し込み制だったので、気がついたときには注文確定ボタンを押していました。


現代詩人探偵1現代詩人探偵2



 紅玉先生のデビュー作である『ミミズクと夜の王』は、私の一番好きなファンタジー小説で、今でも季節に一度くらいは読み返します。そして読み返すたびに、はじめて読んだあの頃からまったく色褪せない感動を味わうのです。ラノベという括りではありますが、昨今の異世界転生無双系とはまったく毛色が違う、一人の少女と、魔物のおうさまの王道ファンタジー。本に恋をする、ということを、私に教えてくれた作品でもありました。
 今回は『あやかし飴屋の神隠し』以来一年以上振りの新刊であり、かつ今月は更にもう一冊新刊が控えているということで、お仕事お疲れ様です。また、先生の描く本の世界に浸らせていただきます。

 ……さぁて、そろそろ本格的に積み本を崩さないとなあ。何冊積んでるんだろう、ええと、いちにいさんしぃごおろくななはち……(だんだん白目を剥いていく



 とそんなこんなで、今回は拍手用SSSを更新し、前回のSSSは小ネタ帳に追加しました。『銀髪兄妹里歩き』の、まあ、お約束なオチというやつです。本当にお約束なので、いつにも増して軽い気持ちでどうぞ。

 ……ブログ拍手の下に、なんか追加されてますね。マウスを乗せたり外したりして、スピンスピンさせて遊んであげてください。
 え、これ左右に振ってるだけで回ってないだろって? そんなの雛ちゃんの愛くるしい涙目の前にはどうでもいいことですよね?(圧力

 ではでは、今回はこのあたりで筆を擱きます。
 雨宮でした。









2016.03.12(土) 20:30  /  COMMENT(6)  /  TRACKBACK(0)

管理者にだけ表示を許可する
1801/ Re: 庶民さん

庶民さん>
 お久し振りでございます。なにか紹介を書いたわけでもなくただ写真を載っけただけでしたが、それで取り寄せてまで読んでくださる方がいるとは予想外でした。具体的にどの言葉だったのかは想像できませんが、突き刺さる言葉、というのは紅玉先生の大きな持ち味だと思います。
 お恥ずかしいことに、私の方がまだ読みきれていません。紅玉先生は「読むのに体力がいる話」とTwitterで語っていましたが、確かに、楽しみながら読むお話ではないのかな、と思います。私も苦しいです。でも、読んでいて楽しいかどうかと、読んでいて有意義かどうかというのは別の話なんですね。
 まだ読みきっていない身ですので、知ったかぶって余計なことは書かずにおきます。最後まで読みきれたとき、またもう一度、このコメントを見返したいと思う次第です。

 実験作に関しては、事の経緯を理解していないので、上手く言葉が出てきません。でも私のこの記事で現代詩人探偵を購入した庶民さんが、ひとつ答えといいますか、そういったものを見つけられたのだとすれば、結果論ではありますが、ひょっとすると少しくらいはなにかができたのだろうか、なんて自惚れたことを考えてみます。
 ではでは、コメントありがとうございました。


2016.04.01 18:57 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1795/

書店に無かったので、取り寄せてもらって現代詩人探偵を購入してみました。様々な単語が頭に突き刺さりまして、どうしても読みたいと思った次第です。
良い買い物でしたね。Twitterで創作の辛さを度々語っていた先生の事ですから、内容は重厚でした。良く分かる作品です。創作以外の分野でも苦しみ抜いた人間を見てきたら、怒りのような、虚しさのような、でも、心の何処かで共感してしまう今作の自殺の数々。単なる感傷を想起させるだけでなく、繊細な筆致で心臓を抉り取るような物語。
読んでいて苦しい作品です。でも、分かるから苦しい。そして、苦しくても読み進めてしまう。これは糧になる素晴らしい作品です。実は世の中の物書きへの先生なりの応援なのだろうかと、そんな事まで考えました(後書きで辛いと思いながら書いていたと告白していたので、多分、違うとは思いますけれど)。作中で何かしら明確な救いがある訳ではありませんでしたが、「辛いけど頑張ろう?」と言うのではなく「辛いけど頑張る」と宣誓してくれる方が、後押しになるのかもしれません。私はそう感じました。
本当に、考えさせられる作品でした。
この作品は間違いなく、私が目指す物語の形の一つです。


読んだ後で何と言うか、本当に私事ですが、去年の実験作にかまけている時間が勿体無かったなと後悔しました。嫌々書いている事と、苦しみながら書いている事の違いが身に沁みましたね。去年は混同していて迷っていましたが、これで漸く、本心で書いている作品を続けられる気がします。


2016.03.30 01:41 / 庶民 #- / URL[EDIT]
1747/ Re: リンさん

リンさん>
 スピンスピンスピンアトップ
 無茶振りの人とこのところ全然お話しなくなっちゃったので、もうどんな無茶振りされてたかも忘れてしまいました。でも、それでいいのかもしれませんね。だって無茶振り書いても私の心の傷が増えるだけですしっ。スピンスピン
 妖夢ちゃんは残念妹枠だから、デレデレするよりも、とにかく残念な失敗をしてはううってなる気配がします。いじられ系なのは祖父の血ですね。これからもたくさんいじっていきたいと思います!
 ではでは、コメントありがとうございました。スピン


2016.03.17 20:27 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1743/ Re: 怠惰な奴さん

怠惰な奴さん>
 残念美人! ……これならこんにちはかこんばんはか悩まなくていいのでオススメですよっ(殴
 紅玉先生は、どうなんでしょうね、知ってる人は知ってる、みたいな御方なんでしょうか。女性作家というのもあってか、キャラクターの叙情的な描き方に強さがあります。ラノベの新人賞出身ですが、作風がどう見てもラノベ向きではないのでそこが注意点ですかね。
 とある、私も昔は読んでいました。新約になる前の、だいぶストーリー終盤?の方で読まなくなっちゃいましたね……。どうして読むのをやめたのかは覚えていません。理由らしい理由もないままなんとなく読むのをやめてしまう、っていうのはネット小説でもよくあります。なんなんでしょうこの現象。
 私は『書く』という意味での活字中毒ですかねー。紙にでもいいのでとにかく書かないと、うわ今日一文字も書いてねえやべえってなります。そのくせ2000文字も書くと満足しちゃうんですけどね……。
 社会に出てからは……どういった職種につくかと、就職先が黒か白かで決まりますね!笑 私は幸いにも白めな方だったようなので、更新速度はなんとか二週間に一度をキープしてやってこれてます。このまま忙しくならなきゃ最高なのですが(フラグ
 ではでは、コメントありがとうございました!


2016.03.16 20:52 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1742/

スピンスピンスピーン スピンスピンスピーン
次はどの娘が増えるのかなー。スピンスピン
楽しみだなー。スピンスピンピンピーン

あと、もっとデレデレしてる妖夢ちゃんが見たいです。はい。スピン


2016.03.14 19:28 / リン #- / URL[EDIT]
1738/

こんにちは?こんばんは?怠惰な奴です。

ふむ、ミステリー小説ですか。知らない作品ですね。覚えていれば、という但し書きが付きますが、今度本屋で探してみます。

自分が小説を愛するようになった切っ掛けの本...あぁ、確か母が買ってきた『マジックツリーハウス』でしたね。結局全巻揃わないまま年齢を重ね、興味を無くしてしまいました。
最近だと『とある』シリーズもですかね。最新巻から5巻ほど読んでいないし買っていない気が...あぁ、他にも(白目

気付かない内に活字中毒になって、1日のどこかでweb、紙問わず読まないと落ち着かなくなってしまいました。
まあこれも、社会に出て働くようになるとそんな時間も無くなるんでしょう。今のうちに治しておきたいものです。

では、次の更新を楽しみに待ってます。


2016.03.13 01:16 / 怠惰な奴 #- / URL[EDIT]

このページのトップへ