銀の狐と幻想の少女たち 第79話   

「幻想郷苦労人同盟・夏の陣」





「それではこれよりぃ、第一回! 月見さんのお悩み相談室を開催しまあーっす!」

 成り行きとは時に悩ましい事態を引き起こすものである。今の自分の状況を改めて見直すととりわけそう思う。
 提灯とランタンがもたらす薄ぼんやりとした光の中に月見はいる。周りには竹のコップを片手にエキサイトしている美鈴がおり、わあーとぱちぱち拍手をしている椛と妖夢と鈴仙と小悪魔がおり、酒を傾けながら同情してくれている藍がおり、面白そうな顔で静観している鰻屋台店主がおり、膝の上にはちょこんと大妖精がいる。ある共通点を持って集まった少女たちに囲まれながら、月見はなにやらお悩み相談をさせられるそうである。
 美鈴さえ酔っていなければ、こうはならなかっただろうに。この面子の中で最も勢いよく酒を消化している絶好調な少女は、酔いの勢いも大変絶好調なのだった。赤ら顔で叫ぶ、

「じゃあー最初は私がいきまーっす! もぉーきーてくださいよ月見さあん、咲夜さんなんですけどお――」

 単純に酔っているからなのか、それとも今ばかりはナイフが飛んでこないとわかっているからなのか、今日の美鈴はやたらと元気でスキンシップが激しい。月見の腕にべったりと体をくっつけて、湿った瞳でメイド少女への愚痴をぶちまける。
 ひゅーひゅーと口笛で茶化す店主の、けれど決して悪気のない楽しそうな笑顔を盗み見ながら、月見は観念するように蒲焼きを頬張った。
 うん、美味い。








 このところ月見はときおり、迷いの竹林のイナバたちに拉致されることがある。今日も朝っぱらから拉致された。五匹十匹で押しかけてきて、月見の手を引っ張るわ耳を引っ張るわ、どさくさに紛れて尻尾をもふもふするわと騒ぎ散らすのである。
 一体誰の差し金かなど、言わずもがな。子どもに甘い月見の性格を的確に攻め、見た目幼女なイナバばかりを送ってくるあたりは見事としか言い様がない。
 というわけで太陽も沈んだ頃にようやく輝夜から解放された月見は、一人で屋敷へと戻る空の道を飛んでいた。
 日頃から幻想郷のあちこちを歩き回っている月見だが、永遠亭を訪ねる回数だけは他より目立って少ない。単純に遠いというのもあるし、なにより迷いの竹林が厄介なのだ。道を覚えようと努力してはいるが、今のところ、迷った回数が増える以外のめぼしい成果は上げられていない。
 それを考えれば、輝夜の方から遣いを送ってくる今の状況はむしろありがたいともいえる。これが毎日のように続けばさすがの月見も迷惑がろうが、輝夜もそのあたりは弁えてくれているので、今のところ頻度は『ときおり』である。
 その分、永遠亭では思いっきり構って構ってされるのだけれど。
 まあ、自分が会いに行くことで元気いっぱい笑顔いっぱいになってくれる人がいるというのは、ありがたいことなので。
 月見はこれからも、竹林のイナバたちに拉致され続けるのだろう。

 それなりの充実感を覚えながら帰路につく途中で、その屋台を見つけたのはただの偶然だった。ふと魔法の森の方角から漂ってくる美味しそうな匂いを嗅ぎつけなければ――そしてその匂いに腹の虫が刺激されなければ、ふらふらと道草をすることもなかっただろう。
 香霖堂よりも山側へいくらか進んだ、魔法の森の入り口付近だった。
『八目鰻』と書かれた暖簾と提灯を引っ提げ、あたり一帯に官能的な鰻の匂いをばらまく、大変けしからん屋台であった。

「へえ……こんな店があったのか」

 店の設備一式をリアカーの上に乗っけた、古き佳き屋台である。暖簾の奥では五~六人ほど並べそうな座席が一列で鎮座しているので、人力移動の屋台としてはかなり大きい。人間がこんな場所でこんな屋台を開いているとは思えないから、妖怪が妖怪向けにやっているお店なのだろう。
 まだ店を開けて間もないのか、客の姿が見えなかったので、月見はせっかくだからと暖簾をくぐってみた。
 元気な声が飛んできた。

「いらっしゃいませー! ……あ! 誰かと思えば、水月苑の旦那様じゃないですかー」

 鳶色の和服をたすき掛けし、頭に藍色の三角巾を乗せた下町風情な女の子だった。鳥の妖怪なのか、背中からふわふわ羽毛の翼を一対伸ばして、同じくふわふわな耳をぴこぴこと動かしている。幻想郷ではさして珍しくもないとはいえ、一人で屋台を営業するにしてはかなり若い子だ。ぱっと見は霊夢や魔理沙と同じくらいで、人懐こい笑顔からはそれ以上の幼さが見て取れる。それでいてこの道を始めて長いのか、月見をあたたかく迎え入れながらも、両手は休むことなくテキパキと仕込みをしている。
 初めて見る顔だった。

「どこかで会ったかな」
「あはは、このへんの妖怪で旦那様を知らないやつなんていないですよー。温泉、いつも堪能させてもらってます!」
「なるほどね」

 温泉の常連客らしい。人の顔と名前はすぐ覚える方だが、さすがに客を一から十まで覚えてはいないので納得した。
 少女が料理の手を止めて、ぺこりと行儀よく頭を下げた。

「ようこそ、私の屋台へー。女将のミスティア・ローレライでーす」

 気さくな名乗りに、月見も笑顔で応じた。

「月見だよ。よろしく」
「はーい。今日は、私の屋台を見つけてくれてありがとうございますです」
「美味しそうな匂いがしたから、ついね」
「美味しい鰻がありますよー。よかったら、どうぞゆっくりしていってください――と、言いたいところなんですけど」

 少女――ミスティアは料理の仕込みを再開しながら、苦笑した。

「生憎、今日は貸し切りなんですよー」
「おや、残念。ということは、人気のお店なんだね」
「自分で言うのもなんですが、味には自信がありますよ! 目標は幻想郷で鰻ブームを巻き起こして、焼鳥を撲滅することです!」
「なるほど。鳥だもんね」
「許されざるってやつです!」

 なぜか無性に焼き鳥が食べたくなってきたが――月見は黙っていることにした。

「あ、でもでも持ち帰りはできますので! ちょっと待っててください、もうすぐできるのがありますから!」

 そういう妖怪なのだから当然といえば当然だが、ミスティアの声音は小鳥が歌うようによく通る。何気ない世間話でも、ただ耳を傾けているだけで自然と心が和らぐ気がする。この屋台が貸し切りされるほど人気なのは、単に料理の味がいいだけではないのだろう。
 調理台に設置された火床の上では、すでに何切れもの八目鰻たちが串焼きされ、香ばしく焼けた衣をまとっていた。赤々と輝く炭火の熱で焼かれ、油が弾ける小気味のよい音と、空腹を刺激する芳醇な香り。

「たまらないね」
「ですです! 旦那様も、これを機に鰻の魅力にハマっちゃってください! もう焼き鳥なんか食べちゃダメですよっ!」

 ああ、焼き鳥が食べたい。
 蒲焼きができあがるまでの間、席に座って待たせてもらうことにした。匂いで腹が鳴ってしまわないよう辛抱しながら、月見は改めて屋台の中を観察する。
 屋台両脇の提灯に加えて、屋根の下から古ぼけたランタンが等間隔で吊り下げられている。照明としてはやや心許ないが、明るすぎず暗すぎない雰囲気が、かえって夜の屋台によく映えている。もう少しあたりが暗くなれば、闇の中でぼんやりと浮かび上がる店構えは大層幻想的に映るだろう。
 向かって右手の戸板がおしながき。八目鰻に始まり、おでん、お酒、つまみの類など様々なメニューを書いた木版が引っ掛けられている。左手の戸板は酒を置く棚だ。多種多様な酒瓶に交じって竹製のコップが並んでおり、また随分と風情がある。
 そして正面には、鰻の身を返してはタレを塗り、また返しては塗りを繰り返しつつ、鼻歌を口ずさむミスティアの姿。そういえば鰻を焼くのはとても手間が掛かるのだと月見がぼんやり思い出していると、屋台の外から賑やかな話し声が聞こえてきた。
 今日、この屋台を貸し切っているというお客さんたちだったようだ。月見の背中に気づいたらしい一人が、あーっ!? と派手な大声をあげた。

「こらーっみすちーっ! 今日は私たちの貸し切りのはずじゃ――あっ、月見さんじゃないですかー!」
「……美鈴?」

 暖簾を左右に掻き分け飛び込んできたのは、意外にも紅美鈴であった。いつも健気に門番を務めている少女と、紅魔館の外で出会うのは珍しい。予想外の偶然に月見が目を丸くしていると、続いてわいわい賑やかな少女たちの集団が、

「あ、本当だ。月見さん、こんばんはー」
「こんばんはですー」
「おや」

 小悪魔に妖夢、

「こんばんは。月見様もお夕飯ですか?」
「今日は姫様がお世話になりましたー」
「珍しいですね、月見様がこのような場所に来られるのは」
「おやおや」

 更に椛、鈴仙、藍と来て、

「……」
「……ふみう?」
「絶対そう呼ぶと思ってましたっ!! もおーっ!!」

 最後にふみうこと大妖精が姿を現せば、さすがに疑問が浮かぶ。

「……どういう集まりだ、これは?」
「ふふーん、なんだと思います?」

 美鈴が不敵な笑みでそう問うてくる。月見はしばらく考えて、

「……本当にどういう集まりだ?」

 この面子の共通点がわからない。従者の集まり――の割には大妖精がいるし、咲夜の姿もない。案外共通点などなくて、単なる知り合い同士の女子会なのかもしれないが、それにしても大妖精が交じっているのは不思議な感じがする。
 もう少し粘ってみるが、やはりわからなかった。

「……降参だ。わからないよ」

 月見が両手を上げると、美鈴が元気よく答えた。

「正解はですねー、幻想郷苦労人同盟です!」
「……」
「苦労人同盟ですっ!」

 ……ああ、なるほど。
 美鈴と小悪魔は、レミリアや咲夜やパチュリー。妖夢は幽々子。椛は操。鈴仙は輝夜と永琳。藍は紫。大妖精はチルノ。
 大変納得した月見であった。

「いらっしゃい、みんなー」

 ミスティアが蒲焼きに団扇で風を送りながら、にぱっと営業スマイルを咲かせた。

「旦那様は、お持ち帰りだから大丈夫だよー」
「あー、そうなんだ。……でも月見さんなら一緒に呑んでもいいですよー! むしろ呑みましょっ! 私、月見さんとお酒呑んだことないですし!」

 席に座る月見の首へ、美鈴が後ろから両腕を回してくる。お出かけ前にシャワーでも浴びてきたのか、石鹸のいい香りがする。そのまま人の耳元で、

「ねー、一緒に呑みましょーよー」
「今日はやたら元気だね」
「今日という日をずっと楽しみにしてたんで! 今の私はテンション高いですよっ」
「私は構わないけど、他の面子はいいのかい?」

 実をいえば月見も、持ち帰りといわずここで一杯引っ掛けたい気分だったので、美鈴の誘いはありがたい。しかしせっかく仲の良い女の子同士の集まりなのに、野郎の月見が交じってしまっては台無しではないのか。
 月見のそんな心配をよそに、周囲の反応は穏やかだった。藍が頷き、

「私は、月見様なら拒む理由がないです」

 周りもそれを否定しなかった。ただ一人、大妖精だけが胡乱げな半目で、

「……いいですけど、月見さん、いじわるしないでくださいよ? ふみうって呼ばないでくださいね?」

 美鈴が首を傾げて、

「そういえば大妖精ちゃんって、月見さんから『ふみう』って呼ばれてるの? かわいいね。私もふみうちゃんって呼んでも」
「ぜ、ぜぜぜっ絶対にダメですっ!! 月見さん以外の人からそんな風に呼ばれるなんて絶対に嫌ですっ!?」
「へー、月見さんだけが呼んでいい特別なあだ名ってこと? それってひょっとして……」
「言葉の綾ですっ!?」
「じゃあこれからは遠慮なく呼ばせてもらうよ、ふみう」
「ぶん殴りますよ!?」

 最近、大妖精の言動がますます過激になってきている気がする。相方を流星ラリアットで一発KOした光景は、まだ月見の記憶に色濃く焼きついている。
 ミスティアがころころと笑った。

「あはは、さすが旦那様は人気者ですねー」
「ありがとう。お陰で、退屈しない毎日を過ごさせてもらってるよ」
「もともと退屈はしてなかったですけど、月見さんが来てから更に賑やかになりましたからねー」

 美鈴はもうすっかり月見の背中にもたれかかっている。お陰でさっきから妙に柔らかいあれこれが当たっているのだが、テンション高めな彼女のことなので、指摘されたところですかさず「月見さんもそういうの気にするんですねー」とニヤニヤするのが狙いなのかもしれない。なので無視する。

「なんか活気が増した気がするよねー。……あ、そろそろ焼けるよー。どうぞみんな、座って座ってっ」

 ミスティアに促され、苦労人同盟の面々は席順の話し合いを始めた。やはり美鈴が元気である。――とりあえず月見さんは真ん中でー、はいっ私隣座りますっ! もう一人、隣に座りたい人ー? あれ、いないんですか? ……はい藍さん速かったですねー。

「……あー、そうだ」

 話がまとまりかけたところで、ミスティアがふとしたように作業の手を止め、腕を組んだ。

「ウチの座席って六人掛け――どう詰めても七人が限界なんだった」

 美鈴たちがはっとしてお互いを見合わせた。月見を含めると、人数は全部で八人となる。
 間、

「……やっぱり私は持ち帰りで」
「いやいやまだわかりませんよ月見さんっ! とりあえず座ってみましょ!」

 と美鈴が言ったのでとりあえず座ってみるのだが、やはり店主の言った通り、どう頑張っても一人余ってしまう。仮に全員座れたとしても、ぎゅうぎゅう詰めで食事どころじゃなくなってしまうのは確実だ。
 ここは、誰かが座るのを諦めなければならない。であれば立ち上がるべきは当然、元々ここにはいないはずだった月見だろう。

「じゃあ私は立ってるよ。行儀悪いけど」
「えーっ」

 美鈴がすぐ唇を尖らせた。

「またとない機会だから一緒に座りたいですー。藍さんも一緒がいいですよねー?」
「へっ? ま、まあ、それはそうだけど」
「そうはいってもね」

 まさか女の子を一人立たせて、自分が悠々と酒を呑むのも気が引ける。
 ミスティアが言う。

「なにか椅子代わりでも用意しますかー? 座り心地は保証できませんけど」
「椅子代わり……そうかっ」

 なにかを思いついたらしい美鈴が、輝く瞳で月見を見つめた。

「閃きましたっ。私が月見さんの膝の上に座ればいいんです!」
「嫌だよ」
「がーんっ!? そ、即答しないでくださいよお!?」

 考えるまでもない。身長の高い美鈴がそんなことをしたら、いくら月見でも前が見えなくなってしまう。そんな有様で、どう食事をし酒を呑めというのか。

「お前は背が高すぎるよ。やるなら、そうだね……」

 その発言に深い意図があったわけではない。よく月見の膝の上に乗っている子といえばフランや萃香であり、彼女たちといえば人の幼子ほどの身長しかないのであり、この場で同じくらいの子といえば『彼女』だっただけのこと。
 しかしどうあれ、月見は大妖精を指差した。
 大妖精を。
 指差した。

「このくらいがちょうどいいかな」
「「「……」」」





「――ではでは、皆さんお酒は行き渡りましたねー?」

 すっかり呑み会幹事を気取っている美鈴に、少女たちがはーいと息を合わせて返事をした。月見もああと簡潔に答える。そして月見の膝の上にちょこんと座った大妖精が、はーい……ととてもか細い声をあげる。はじめは嫌です嫌です恥ずかしいですと渋っていたが、ミスティアの「そうしてくれるとお店としてはありがたいかなーっ」の一言で諦めた、なんともお人好しな大妖精である。
 月見を真ん中にして、右が美鈴、小悪魔、椛。左が藍、妖夢、鈴仙の席順で座っている。もともと六人掛けの座席なのでなかなか窮屈だ。隣同士と肩が触れ合い、左の藍は少し照れくさそうだが、右の美鈴はむしろ月見に腕を絡める勢いではっちゃけている。竹のコップを頭の上まで掲げ、

「それでは幻想郷苦労人同盟うぃずゲストの月見さんっ、盛り上がって参りましょーっ! かんぱーっい!!」
「「「かんぱーい!」」」
「か、かんぱーい……」

 みんなの元気な乾杯と大妖精の控えめな乾杯で、いよいよ呑み会が始まった。すかさずミスティアが、

「はーいっ、それじゃあウチ自慢の八目鰻だよー! 堪能しちゃってーっ!」
「みすちーお酒おかわりっ!」
「はーいめーりん呑むの早いよー。めーりんの一気飲みに気を取られて誰も私の鰻見てくれてないよー。いきなりそんな飛ばして平気なのー?」

 美鈴はだらしなく笑う。

「えへへー。だってえー、やっとこの季節が来たかーって感じでー」

 横から藍が補足してくれた。

「もともと月に一度くらいでやっている集まりなんですけど、蒲焼きはちょうど今回からなんです」
「ああ、これからが旬だもんね」

『土用丑の日』という有名すぎる謳い文句のせいで鰻=夏のイメージが定着しているが、実のところ旬は秋から冬にかけてなのだ。美鈴に二杯目のお酒を出したミスティアが、うんうんと大きく二度頷いた。

「そうなんですっ。なので今でも充分美味しいですけど、これから冬にかけてもっと美味しくなっていきますよ!」
「それは楽しみだね」

 皿を手元まで持ってくると、見事としか言い様のない蒲焼きが三切れ乗せられている。絶妙な火加減と秘伝のタレで焼き上げられたその身は、ランタンの明かりの下ではまるで黄金色に輝いているかのようだ。オマケに香ばしく甘い匂いが一気に押し寄せてきて、たまらず、くうと可愛らしくお腹が鳴った。
 大妖精の。

「……」
「お、お腹空いてるんですからいいじゃないですかっ」
「自分で食べられるよな?」
「食べられますっ!」

 割り箸を二本割り、一膳を大妖精に手渡す。

「あ、ありがとうございます……」
「じゃあ、いただこうか」

 丸々一切れはやや大きいので、真ん中に箸を通して大妖精とはんぶんこする。大妖精の髪の毛にタレを垂らしてしまわないよう気をつけながら、素早く豪快に頬張る。
 弾けた。

「――美味い」
「~~っ! 本当です、すごく美味しいですっ!」
「ありがとうございまーす!」

 八目鰻の蒲焼きを食べるのなんて、一体何年振りの話なのだろう。漂う強烈な香りとともに頬張った瞬間、張りのある身が口の中でこれでもかというほど存在を主張し、唾液と混じったタレがさながらあふれでる肉汁のように舌の上で躍る。噛めば噛むほど身とタレが絡み合い、痺れすら生み出す暴力的な旨味となって口の中を蹂躙する。
 さすがは八目鰻――外の世界では幻と化した食材、そんじょそこらの養殖ものとは一味違う。大妖精なんて、あまりの美味しさに足をぱたぱたさせて喜んでいた。他の少女たちも、ほっぺたを押さえて至福で満たされた顔をしている。

「やー、みんないい表情ですよー。私、そういう表情見たさでお店やってる部分もあるのでっ」
「これからは、もっとたくさん見られるようになるだろうね」
「旦那様も、ぜひぜひお知り合いを連れていらっしゃってくださいねー!」

 今度霖之助と酒を呑むときは、ここにしてみようかなと思う。出不精な彼のことなので、了承してもらえるかはわからないけれど。
 美鈴が叫んだ。

「みすちーお酒ーっ!!」
「だから早いって!?」

 驚異的なスピードで二杯目をカラにしたハイテンション門番は、もう頬が赤くなり始めていた。

「美鈴、いくらなんでも飛ばしすぎだろう」
「えへー。ぶっちゃけ、酔い潰れて月見さんに介抱してもらうのもアリかなって思ってまーす」

 月見の右肩にしなだれかかり、

「いやー、いま私が月見さんの隣でお酒呑んでるって、咲夜さんは知らないんですよねー。これって優越感ですよねー」
「どうせ知られるんだから、あんまり羽目は外さない方がいいんじゃないか?」
「咲夜さんのナイフが怖くてえー、ツクミン補給ができますかーっ!」
「待て、それどこで知った」
「天魔様がー、この前山で騒いでましたあ。門番なのでえ、結構そういうのは聞こえてくるんですよねー」

 アノヤロウ、と月見は思う。

「そうだっ、咲夜さんといえば聞いてくださいよー月見さーん。月見さんのお悩み相談室ですよー」
「美鈴、お前絶対もう酔ってるだろう」
「いいですねえ、月見さんのお悩み相談室!」

 美鈴は聞いちゃいなかった。明らかに酔っている。決して酒に強い方ではないのだろう、もともとハイテンションだったのが輪をかけていい具合におかしくなってきている。
 門番という役職柄なにかと地味だった少女が、ここまでいきいきとした顔をするものなのか。立ち上がって叫ぶ、

「よぉーしみんなー、今日は月見さんに愚痴聞いてもらっちゃおーっ!」

 わあーぱちぱち、と盛り上がる屋台。





 ○


 話を冒頭へ戻そう。そんなわけで月見は、ハイテンション酔っぱらい門番から絶賛愚痴られ中なのであった。

「――というわけでえっ、咲夜さんはもうちょっと手心ってものを知るべきだと思うんですっ! なんかやるとすぐナイフが飛んでくるって、一体全体どういうことですかって話ですよ! ここまで過酷な労働環境他にあります!?」
「……うん、そうだね」

 もう、竹のコップで五~六杯はカラにしたはずだ。しかも、運動したあとに水を飲むかの如き勢いで。今はさすがにミスティアからお預けをくらいちびちびと白湯を飲んでいるが、顔はもう頬どころか全体が真っ赤になっている。
 スキンシップも一層過剰になっている。腕に絡みつかれるわ首に息を吹きかけられるわ服を甘噛みされるわ、その上咲夜さんが咲夜さんがと同じ愚痴ばかり二十分以上聞かされている月見は、もはや菩薩の心地である。周囲の少女たちの眼差しもだいぶ同情的だ。膝の上の大妖精なんて、「この人こわい……」とか呟いている。
 月見は横の藍に、

「……この子はいつもこんな感じなのかい」
「ええ、まあ、元気にこの集まりを仕切るのはいつものことなのですが……今回はちょっと飛び抜けてますね」

 藍は苦笑、

「月見様と一緒にお酒を呑めて、よほど嬉しいのでしょう」
「はぁーいっ! 私ぃ、ずっと羨ましかったんですよお。ほら、水月苑の完成記念の宴会だって出られませんでしたしー」
「ああ、確かにいなかったね」
「咲夜さんたちに『お留守番よろしくね』って当たり前みたいに言われてえっ! 私だって参加したかったのにぃー!」
「わかったから落ち着け」
「私はあ、落ち着いてますよぉーっ!」

 美鈴が、やや音程の狂った声できゃっきゃと笑った。ここに来て更に酔いが回ってきたようだ。怒ったり笑ったりさめざめ愚痴ったりと表情がころころ変わって、傍目からはもはやラリっているようにも見える。
 そろそろ本気で落ち着かせた方がいいんじゃないかと月見が思っていると、

「あの、美鈴さーん」

 一番右端に座っていた、椛であった。

「なあにー椛ー」
「そろそろ席替えしませんか?」
「えー」

 美鈴が渋るが、椛も引かない。

「私も、月見様に聞いてほしい悩みがあるんです。月見様のお悩み相談室、なんですよね? 独り占めはズルいと思います」
「むむっ……」

 大人しくて礼儀正しい性格の椛にしては、珍しく強引な口振りだった。痛いところを衝かれた美鈴が途端に怯む。『月見さんのお悩み相談室』と勢いだけで宣言してしまった、過去の自分を悔いているようにも見えた。気の抜けた笑みで頭を掻き、

「……わかったー。あはは、やっぱり独り占めはダメだよねー。じゃあ今度は椛の番っ」
「はい、ありがとうございます」

 美鈴と椛が席を入れ替える。ようやっと一息つけた月見が肩の荷を下ろしていると、隣に座った椛がぽそりと、

「これで、月見様も少しは気が休まりますか?」
「……もしかしてお前」

 二つ隣の美鈴を気にしながら、椛は申し訳なさそうに、また一方で照れくさそうにしながら、舌の先をちょっぴりだけ覗かせた。

「……美鈴さんには、内緒にしてくださいね」
「椛、頭撫でていいか?」
「ダメですよ!?」

 冗談だ。しかし、思わずそんな冗談を口にしてしまうほどの感動に駆られたのは事実である。美鈴の爆竹みたいな愚痴で月見が困っていると察するや、自ら席替えを提案して状況の改善を試みる。なんと気遣いのできるいい子なのだろう。

「どうか大目に見てあげてください。美鈴さん、本当に苦労してるみたいですから……」
「ああ、わかってるよ」

 気持ちが落ち着いたら眠くなってきたのか、美鈴はカウンターに突っ伏して大きなあくびをしていた。小悪魔に優しく背を撫でられながら、そう遠くないうちに夢の世界へ旅立つことだろう。
 普段からたくさん苦労しているのだ、こんなときくらいはいい夢を見てほしいと思う。

「助かったよ。ありがとう」
「いえ、お役に立てたのであればよかったです」
「じゃあ、今度はお前の悩みを聞こうか」
「え? ……ああ」

 一瞬疑問符を浮かべた椛は、それからくすりと微笑んだ。

「大丈夫ですよ、あれはただの方便ですから。月見様も、愚痴はもうお腹いっぱいでしょう?」
「……椛、頭」
「ダメですってば!」

 冗談だ。

「でも、本当になにもないのか? 苦労してるのはお前も同じだろう、主に操のせいで」
「ええ、まあ、それはそうなんですけどね」

 椛は両手で持った竹のコップを一度口へ傾けて、それから、どんな顔をすればいいかわからないのでとりあえず笑ったような、そんな中途半端な笑みを浮かべた。

「確かに天魔様にはいろいろ振り回されてますけど、このところ、天魔様をとっ捕まえて折檻するのがちょっと楽しくなってきたというか」
「……」
「何事もないと、それはそれで据わりが悪いんですよね」

 月見もどんな顔をすればいいのかわからない。
 椛はあくまで笑顔である。

「慣れって怖いですよね。最近は、次はどうやって天魔様を折檻しようかって、そんなことを考える余裕まで出てきてしまって。いつも同じやり方だと、こっちとしても味気ないですし。ある意味ではこれも悩みの種ですね」
「…………、」

 ああ、どうやら月見は誤解していたようだ。自由奔放すぎる操に毎日振り回される不憫な子という印象があったのだけれど、椛は月見が思っていたよりもずっとずっと逞しかった。逞しすぎるくらいに成長していたのだ。
 椛に折檻されるのをそれはそれで楽しんでいる操と、操を折檻するのをそれはそれで楽しんでいる椛。これ以上ないWin-Winの関係ではないか。素晴らしい。月見が口出しすることなどなにもない。
 そう思っておくこととする。

「……なんか、あんまり心配なさそうだね。頑張ってくれ、これからも」
「はいっ。今後も頑張って折檻していきますのでっ」

 そういう意味で言ったのではないのだが、月見はもうなにも言わなかった。ただ笑顔で頷き、そして心の中で操に合掌した。
 椛のひとつ奥を見る。

「こぁは? やっぱりなにかと苦労してるのか?」
「え? うーん、どうでしょう」

 美鈴はもう眠ってしまったらしい。幸せそうに微睡んでいる彼女の背中を撫でながら、小悪魔は苦笑した。

「正直、皆さんと比べてしまうと、苦労してるっては言いづらいですねー」
「そうか? あんなに広い大図書館の整理整頓をしてるんだから、充分大変だと思うけど」

 純粋に何万冊あるのか想像もできない量の本を整理するのもそうだし、紅魔館の大図書館は、地下に存在しているため太陽の光が届かない。広大な空間なので閉塞感こそないけれど、そんな場所で来る日も来る日も本の整理整頓ばかりをしていたら、月見なら一週間を待つことなく飽きるだろう。
 どちらかといえば読書好きな月見ですらそう思うのだ。小悪魔の仕事は他の従者たちに負けず劣らず大変だし、それを何食わぬ顔でこなしているのはとてもすごいことだと思う。
 小悪魔は照れくさそうに、

「まあ、好きでやってる部分もあるので。それに最近は、妹様の遊び相手をしたりもしてますから。もちろん大変だと思うことはありますけど、それ以上にやり甲斐があるんです。月見さんがいらっしゃるようになってからは、みんないきいきとしてますからね。一緒にいられるのが楽しいんですよ」

 この子、本当に悪魔なのだろうか。天使の間違いではないか。心の奥にじんわりと染みていくこの静かな感嘆が、立派な若者に胸を打たれる年寄りの気持ちというものなのかもしれない。

「美鈴みたいに、みんなからいじられたりは?」
「あー……たまに、ですね。でもそういうときは、私からもいじり返しますのでおあいこって感じです。月見さんの前では割とおとなしくしてますけど、私、悪魔ですから。そういうのは結構好きなんですよ」
「……そっか」

 この子も椛と同じなんだなと、月見は思う。大変なことも多い仕事だけれど、その中で自分なりのやり甲斐と楽しさを見つけて日々を有意義に生きている。だからきっと、今の仕事を辞めたいなんて考えたこともないのだろう。
 こういう子たちのことを、従者の鏡というに違いない。
 月見は下を――鮮やかな緑の髪で覆われたかわいらしいつむじを――見た。

「妹様といえば、大妖精」
「はい?」
「フランとチルノは、上手くやってるかい」

 フランが大妖精たちと友達になってから、早いもので何週間か経つ。このところ、フランの笑顔は以前にも増していきいきと輝くようになっていた。新しい友達ができて、仲良く遊ぶことができて、毎日が楽しくて楽しくて仕方ないのだそうだ。
 上手くやっているのだろうとは思っている。しかし何分相手があのチルノなので、いろいろ不安といえば不安なのだ。
 大妖精はどことなく疲れた感じで、あははと力なく笑った。

「上手く行きすぎてて逆に大変なくらいですよ。チルノちゃん、フランちゃんを子分扱いしてあちこち連れて回ってるんですけど、フランちゃんもそういう風に接してもらえるのが嬉しいみたいで……なんていうか、その、チルノちゃんが二人に増えたみたいというか」
「あっはは、それはまた」

 意外に思い、同時に納得もした。フランは長年の幽閉生活で孤独を味わった弊害なのか、常に誰かの後ろをついていこうとする少女だった。誰かと一緒になにかをするのを、この上なく楽しいと感じる少女だった。そんな彼女にとって、みんなの先頭に立って突っ走るチルノの姿はとても眩しく映ったのだろう。
 小悪魔が目を丸くした。

「え。妹様、そんなことになってたんですか?」
「フランから聞いてないのか?」
「ええ。仲良くしてもらってるってしか言ってなかったんで、知りませんでした」

 だろうなあと月見は思う。「子分扱いしてもらってるの!」と笑顔で報告しようものなら、過保護お姉ちゃんは光の速さでブチ切れて妖精たちに特攻を仕掛けるはずだ。さすがは妹、姉の手綱の締め方をよく理解している。
 大妖精がため息をつき、

「吸血鬼を子分扱いする妖精なんて、初めて見ました……。なので、傍で見てるといつもハラハラドキドキで」
「お互い楽しんでるならいいんじゃないかい。……ただ、そうだね、フランに変な影響がなければいいけど」

 たとえばチルノと一緒にいたずらを繰り返すことで、人間を平気で困らせるような性格になってしまうとすると考えものだ。なので月見は、大妖精の頭をぽんぽんと叩いて、

「二人のこと、よろしく頼むよ」
「は、はいっ。頑張ります! フランちゃんは無理ですけど、チルノちゃんなら力ずくで止められるので!」

 そのときはきっと、撲殺妖精大ちゃんの流星ラリアットがチルノの喉笛を刈り取るのだろう。なぜだろう、気絶したチルノの横で、ごめんなさいごめんなさいと大妖精に平謝りするフランの姿が見える気がする。
 ともあれ、次。

「藍は……改めて聞くこともないかな」
「そうかもしれませんね。私と紫様の関係は、月見様が一番よくご存知でしょう」

 八雲家のストッパーたる藍の冷酷無慈悲なツッコミで、今日も紫は涙目になったはずだ。

「もう一周回って、ダメな紫様が可愛く見えてるくらいですので。月見様の心配には及びません」
「それはなんとなくわかるなあ……」

 もしも紫が真面目で手間の掛からない少女だったら、正直に言おう、気味が悪い。紫はもちろん悪い意味でダメではあるけれど、同時にいい意味でもダメなのだ。ダメなところがあるからこそ、一層愛らしくて憎めない。そういう意味では月見も藍も、椛と似たような症状を抱えてしまっているのかもしれない。
 次。

「妖夢はどうだ?」
「わ、私ですか? そ、そうですね……」

 妖夢は少し考えて、

「……とりあえず、幽々子様の食い意地ですかね。それに尽きると思います」

 ですよねえ、と妖夢と美鈴を除く全員が頷いた。むしろそれ以外になにがあるのか、みたいな空気だった。
 ミスティアが拳を震わせ、

「幽々子さん……私を見るたびに『焼き鳥が食べたいわあ』とか言いさえしなければ、いっぱい食べてくれるいいお客さんなんですけどね……!」
「……」

 まさか自分も同じことを考えていたとは口が裂けても言えない月見である。

「いくら食べても太らない亡霊なのをいいことに、もうほんとに食べてばっかで。話を聞く限り、生前の幽々子様は小食だったみたいなんですけど……」
「どのくらい食べてるんだあいつ」
「ええと……ひどい時は一日に二回……いえ、三回買い出しに行きますね。買ってきた食材がその日のうちになくなってしまって、次の日の朝食分を買いにいかないといけない時がありまして。それと同じ日に運悪くおやつの買い出しが重なると三回です」

 冥界から人里までは決して短い道のりではない。それを妖夢のようなまだ幼い少女が、両手いっぱいの荷物を抱えながら頑張って三往復もしている姿を想像すると、月見はなんだか目元が湿っぽくなってきてしまった。

「いっぺんでまとめて買えるといいんですけど、私はそんなに力持ちでもないので……」
「妖夢、そういう時は私のところまで来ていいんだぞ。手伝うから」
「い、いえいえそんなっ、月見さんのお手を煩わせるほどでもないですっ!?」
「いや、充分大変だと思うんだが……」

 うんうん、とみんな頷いている。

「しかも、それ以外にも白玉楼の庭と、私のところの庭まで手入れしてくれてるじゃないか。それでいつ休んでるんだ?」
「え? ちゃんと夜は寝てますけど……」

 ものすごく嫌な予感、

「……妖夢、記憶を遡って教えてくれ」
「は、はい」
「最後に休暇をもらったのはいつだ。なお休暇とは、白玉楼で普段している仕事を一切することなく、一日丸々自由だった日を指すものとする」
「それは――」

 妖夢は少し考え、

「えーっと……」

 かなり考え、

「ちょ、ちょっと待ってくださいね」

 真剣に考え、

「……………………ええと、」

 一生懸命考えて、

「……お、おじいちゃんから庭師の役目を継ぐ前はたくさん」
「みんな、今度妖夢に休暇を取らせようと思う。異論は?」
「「「ないです」」」
「えぇっ!?」

 妖夢が目を丸くして驚いているが、驚愕しているのはこちらの方だ。鈴仙が血相を変えて、

「え!? じゃ、じゃあ妖夢って、おじいちゃんから庭師を継いでからは一日も休みもらってないの!?」
「……い、いや、多分、どこかで一日くらいは休んでた……ような気が」
「覚えてないんだったらもらってないのと一緒だよ!」

 小悪魔が、「美鈴さんですら月に一日はもらってるのに……」と戦慄している。月見は尋ねる。

「ちなみに、妖忌から庭師を継いだのっていつ頃なんだ?」
「えっと……もう十年以上前になりますね」
「……、」

 十年以上休みなし。外のブラック企業も真っ青である。
 もはや悩む必要もなかった。

「よし。じゃあ今度、私が幽々子に交渉してみるから」
「あ、あの……そこまでしていただかなくても私は平気で」
「駄目よっ!」

 鈴仙が間髪を容れずに叫んだ。妖夢の両肩を掴み、ある種の気迫すら宿る大真面目な瞳で、

「あのね妖夢、大事な話だからよく聞いて。それは、『ワーカホリック』っていう病気なの」
「えっ……そ、そうなの!?」

 妖夢が目を剥く。鈴仙は重々しく頷く。

「師匠に教わったから間違いないわ。外の世界じゃあ割と有名な病気で、毎年これで亡くなる人は多いそうよ」
「そ、そんなっ……!」
「……」

 ツッコんだ方がいいのだろうか。いや、あながち間違ったことは言っていないのだが、ともかく盛大に勘違いした妖夢がぷるぷる涙目になっていて、

「わ、私、死んじゃうの?」
「大丈夫よ」

 鈴仙が微笑んだ。あらゆる苦しみから衆生を救済する、釈迦の如き微笑みだった。

「ワーカホリックの治療法はとっても簡単。仕事ばっかりしないで、ちゃんとしっかり休むこと。これだけよ。簡単でしょ?」
「な、なるほど……!」

 妖夢の涙目から悲嘆と絶望が消え去り、徐々に決意と希望の光が広がっていく。両手を拳にして気合を入れて、彼女は勇ましく叫ぶのだった。

「わかりました。……私、休みますっ!!」

 周りの少女たちから口々に声援が飛ぶ。応援してるよ。きっと大丈夫だよ。困った時はいつでも相談してね。一緒に長生きしようね――みんなのあたたかな心に囲まれて、妖夢は目元からきらりと一筋、流れ星のような涙を流しながら、笑った。

「……」

 月見は幻想郷のほのかな闇を垣間見た気がして、なにも言えなかった。

「……じゃあ、もし休ませてもらえそうになかったら私を呼んでくれ。説得しに行くから」
「はいっ……! そのときはよろしくお願いします!」

 ふと、妖夢はどうやって休日を過ごすんだろうと、月見はそんなことを考える。さすが十年以上いっぺんも休んでいない少女だけあって、家事と庭仕事と剣術以外のことをやっている姿がまるで想像できない。
 まあ、彼女にも趣味のひとつやふたつはあるだろうから、やることがなくて結局仕事をしている――なんてことには、まさかならないはずだ。そうだとも、まさかそんな。
 だから、なんとなーく感じるこの嫌な予感は、ただの杞憂に違いないのだ。
 では、最後。

「鈴仙は?」
「やー、私は大したことないですよ。ちゃんと休みももらってますし。たまに姫様からわがまま言われたり、師匠の薬の実験台にされたりするくらいで」
「さらっととんでもないこと言わなかったか?」

 実験台とか聞こえたような。
 え、そうですか? と鈴仙はあくまで自然体である。

「ああ、実験台ってやつですか? 人間用の薬は姫様、妖怪用の薬は私が実験台にされるんですよ。いや、決して変な薬ではないですよ? まれに飲んだ瞬間記憶が飛んで、気がついたら三日くらい経ってて、幻想郷のどこかにひとりで突っ立ってたりする程度なんで」

 断言しよう、一番ヤバい。藍が目を剥いて固まり、妖夢が絶句し、椛が途方に暮れ、小悪魔が頬を引きつらせ、大妖精がぷるぷる震えて、ミスティアがなにも聞かなかったふりをして鰻のおかわりを焼いている。
 鈴仙がふっとニヒルに笑う。

「医学の分野では、どうしても生物実験は必要なので……」
「……そうか」

 月見はそれしか言えなかった。本能が叫んでいる、これ以上この話題を続けてはならないと。鈴仙から視線を外し、手元の竹のコップを見下ろして、ゆっくりと長い息を吐いた。

「なんで、幻想郷の偉い連中はこう――」

 従者たちに苦労をかけてばかりなのか。部下をきちんと気遣い、労い、信頼と尊敬を集める優れた主人というのは幻想郷では幻想なのだろうか。これでは、いつ夜逃げされたり退職届を叩きつけられたりしてもおかしくないというか、

「それで何年も仕え続けてるんだから、やっぱりお前たちはすごいよ」

 本当にそう思う。彼女たち優秀な従者がいてくれるからこそ、その主人たちも辛うじてまともなラインで留まっているのだ。従者たちがいなければ、ストッパーを失った紫があちこちで騒ぎを巻き起こし、仕事を放棄した操によって山の経済が滞り、門番のいなくなった紅魔館は妖精の遊び場と化し、大図書館は書物がまったく整理されていない倉庫と成り果て、お腹を空かせた冥界の掃除屋が人里で猛威を振るい、永遠亭では治療と称して患者が新薬の実験台にされるのだろう。幻想郷の平和を支えているのは、妖怪の賢者でも博麗の巫女でもなく、他でもない真面目で優秀な従者たちなのだ。

「お疲れ様。そして、ありがとう」

 そう言わずにはおれなかった。彼女たちが頑張って主人の世話をしているから、今の幻想郷は平和だし、きっとこれからも平和なはずだ。月見は彼女たちの主人ではないけれど、それでも敬意を表し、感謝を捧げ、褒め称えよう。

「あいつらはみんな、いい従者を持ったね」

 心の底から、そう思うのだった。

「……いやー、」

 しばらく沈黙があって、鈴仙が間延びした声をあげた。

「こ、このタイミングでそんなこと言われるとは予想外でした……月見さん、不意打ちはダメですよお」

 桜色の頬を、照れくさそうに指で掻いている。見れば、藍は縮こまってそわそわしていて、椛は尻尾がぱたぱたしていて、小悪魔は耳がぴこぴこしていて、妖夢は真っ赤になって髪の毛の先をいじくっている。
 褒めすぎただろうか。いや、そんなことはない。月見は大妖精の頭を撫でる。赤子のようにさらさらな髪である。

「本心だよ」
「月見さあん! 月見さんのその優しさを、師匠たちに一割でもいいから分けてあげてください!」
「そうすると私の優しさが合計で七割ほど減るけど」
「やっぱりそのままでいいです!」

 というか、このくらいは優しさでもなんでもなく、至って真っ当な気遣いの内だろう。事実として彼女たちは、称賛されるべきだけのことをしているのだから。

「――づぐみざああああああああんっ!!」

 寝ていたはずの美鈴がいきなり飛び起きた。隣の小悪魔が小さく悲鳴をあげ、

「め、美鈴さん、寝てたんじゃ!?」
「えぐぅっ……おぼろげながら聞いでおりまじだぁ……!」

 美鈴はなかなかひどい顔をしていた。涙をぼろぼろ流しながらぐずっと鼻をすすって、

「わだじっ、がんどうじまじだぁ……っ! づぐみざんみだいにいっでぐれるひどなんで、づぐみざんだけでずよぉっ……!」
「とにかく顔を拭け」
「ちり紙ありますよー」

 ミスティアが美鈴の目の前にちり紙を置く。美鈴は三枚ほど取って、品もなくずびびびとはなをかむ。
 大妖精がようやく、

「月見さん、頭撫でないでください!?」
「……反応遅かったね」
「そ、それは……月見さんがあまりにさりげなく……というか、なんで撫でるんですかっ」
「お前もチルノとフランの面倒をよく見てくれてるから、えらいぞーと思って」
「そ、そうですか? えへへ――って騙されませんよ!? 撫ーでーなーいーでーくーだーさーいーっ!」

 そういう割に、大妖精はあまり抵抗していない。意外と満更でもないのかもしれない。
 はなをかみ終えた美鈴が、

「月見さんっ、もっとお話を聞いてください! そして私の傷ついた心を癒やしてくださいっ! もー月見さんだけが私の心のオアシスですよ!」
「美鈴さん、あんまり月見様を困らせちゃ……」
「いや、いいよ」

 椛の言葉を遮って、月見は深く息を吸い、腹を括った。妖夢や鈴仙の話を聞いているうちに、考えが変わった。彼女たちの苦労は月見の想像を超えていた。だから彼女たちの心労を少しでも和らげることができるなら、今日一日愚痴に付き合う程度はなんてことないと思った。

「今夜はとことん付き合おうじゃないか」
「さっすが月見さんですっ!」

 美鈴が諸手を挙げて喜び、ミスティアが朗々と叫ぶ。

「はーいっ、おかわり焼けましたよー! 鰻もお酒もまだまだあるんで、どんどん盛り上がっていきましょーっ!」
「いえーっ!!」

 はてさて、今日はいつまで呑み続けるのだろう。魔法の森の近くだけあって周囲はひどく静まり返っているけれど、『八目鰻』の提灯を垂らすこの屋台だけが、まるで縁日のように騒がしい。
 首を回すと、コキコキと小気味の良い音がする。それから、いえーいえーと元気すぎる二人についていけない少女たちと目が合って、くすりと笑う。
 宴はまだ終わらない。
 その後月見はおよそ日付が替わる夜更けまで、従者たちの苦労をいたわり、頑張りをねぎらい、今より少しでも待遇が改善されることを祈りながら過ごした。

 ただ、後日聞いた話によれば。
 従者たちはみな、月見と一緒に酒を呑んだなんてズルいと、主人や上司から揃って文句を言われたそうである。
 自分だって、よく水月苑にけしかけて呑んでるくせに。
 まったくもって、是非もなし。









2016.01.24(日) 21:00  /  COMMENT(20)  /  TRACKBACK(0)

管理者にだけ表示を許可する
1658/ Re: (未入力)さん

(未入力)さん>
 うーむ、区別して書くべきなんですかねー( -"-) 敢えて書き分けせずともそこまでこだわる人はいないのではないかと高を括ってましたが、やはり気になる人はいるということですね。
 ちょっと修正を検討してみます。ただ私の感覚ですが、ことあるごとに八目鰻八目鰻と書いてはクドいので、機械的にすべてを『八目鰻』で統一するのは避けたいです。とりわけ地の文に重点を置いて、適宜八目鰻、もしくは蒲焼きなどの表現に差し替えてみようと思います。
 ではでは、コメントありがとうございました。


2016.02.07 20:46 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1657/

本文中に鰻と表記している所が多々見受けられますが、鰻は顎口類で八つ目鰻は円口類と、全くの別種となります。
なので、八つ目鰻と表記するべきでは?


2016.02.07 19:56 / #- / URL[EDIT]
1656/ Re: 昆布巻きさん

昆布巻きさん>
 本当にそうだったなら、「おっ、ちゃんと先の展開を考えてるんだな」と思ってもらえそうだったんですけどね笑
 今回のお話は、読者から「こういう話を読んでみたい」とコメントがあったものです。普段はリクエストを受けることはないのですが、でもこれだとちょうどみすちーを出せそうだな! と思ったので予定を変更して書いてみました。
 みすちーを出せましたし、地味だっためーりんに光を当てることもできたので、書いてよかったなーと思ってます!
 ではでは、コメントありがとうございました。


2016.02.06 15:02 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1655/

あ、そういえば第45話でめいりんが言ってた夜の別件って苦労人同盟の集まりのことだったんですか?


2016.02.06 08:12 / 昆布巻き #qNaETwa. / URL[EDIT]
1652/ Re: 名無しさん

名無しさん>
 白蓮と星は星蓮船編で出ます。今のゆっくりストーリーで行くと、地霊殿編もあることですし間違いなく百話以降になりますねー。小傘は、現状の予定だと90話付近で出てくるかと思います。
 神霊廟のキャラは神霊廟編で出てくる……と言いたいところなのですが、その神霊廟編まで話を続けるかどうかは決めてないのでなんとも言えません。でも、出さずに終わったら終わったで、番外編とかで出したいなーとは思ってます。
 そんな感じです。コメントありがとうございました。


2016.02.02 20:32 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1649/

星蓮船と神霊廟に登場するキャラクターはまだですか?何話に出演するんですか?


2016.02.02 05:54 / 名無し #3un.pJ2M / URL[EDIT]
1646/ Re: まめころさん

まめころさん>
 妖夢も半分は人外の類ですしね。そしてなんだかんだで、今の自分の仕事にそれなりのやり甲斐と誇りを持っていたりするんでしょうなー。ある日突然ゆゆさまから解雇を命じられたら、この子泣くでしょう絶対。
 小悪魔にだって「こぁ」っていう愛称があるんですもの、大妖精にも必要ですよね! ……え、大ちゃん? ふふふ。
 あ、一応、本編で出てきてる鰻はすべて八目鰻となってます。でも、八目鰻が獲れない時期とかは普通の鰻で代用してたりもするみたいですね。やっぱり鰻だけってのもアレですし、他にもおつまみ程度の品揃えはあるのではないでしょうか。
 ではでは、コメントありがとうございました。


2016.01.30 14:09 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1645/ Re: 昆布巻きさん

昆布巻きさん>
 コメントありがとうございます ・w・)ゞ
 苦労する日々の中で自分なりの楽しみを見つけ、前向きに生きる――もしくは苦労を苦労とも思わない精神力。見習いたいものです。
 妖夢の休暇云々は実際に執筆する予定なので、ほんのりのんびりお待ちいただければ大変嬉しいですっ。
 応援ありがとうございまっすー! これからも頑張って参ります!
 ではでは、コメントありがとうございました。


2016.01.30 13:43 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1642/ Re: ふがしさん

ふがしさん>
 ふがふがふがしす!
 鰻食いたいですねえ……(-ω-) 蒲焼き一切れ丸々、口いっぱいに頬張ってみたいです。ただでさえお高い鰻を一口で食べちゃうなんて、これぞ究極の贅沢ってやつですね! バチが当たりそうです!(庶民感
 従者で参加してないの、咲夜と永琳くらいなんですよね。もうしばらくしたらナズーとかも加わってそう。まったく、幻想郷にはぽんこつな主人が多いようで素晴らしいです ・w・)≡3
 月見ったら両手に花で羨ま――あ、なんでもないです(めーりんを見ながら
 椛は追い掛けるのが好きなんじゃないです、涙目で逃げ惑う駄天魔を追い回すのが好きなんでs(血痕
 鈴仙って、永琳たちから合ってるようで微妙に違う知識をいろいろ吹き込まれてそうですよね。そういうのをすごく真面目に、もしくはドヤ顔で語ったりしちゃうれーせんはすごくかわいいと思いますっ。
 酔っためーりんはすごくテンションが高いから、可愛い可愛い言われたらにへーってなって、相手に抱き着いちゃったりするんだろうなあ。かわいい。
 ではでは、コメントありがとうございました。

P.S.
 私は、ミスティアがその気で歌わない限りは大丈夫なんじゃないかなーと思ってます。原作で響子と音楽ユニット作ってたり、歌が里の若者から人気だったりするそうですし。


2016.01.29 22:59 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1641/ Re: 内村カミーユ試作六号機さん

内村カミーユ試作六号機さん>
 なんか試作六号機って、駆動テスト中に謎の不具合が発生して爆発炎上しそうなお名前ですねっ。
 さておき、幻想郷苦労人同盟でした。むう、大ちゃんか椛のどっちかだけ頭を撫でられるとなるとすごい悩みますね。大ちゃんの頭を撫でながらふみうふみう言って怒られるのもいいですし、椛の頭を撫でながら耳を引っ張って怒られるのもいい……究極の選択ですね!
 従者の皆様におかれましてはこれからも引き続き、残念な主人を涙目にさせたり残念な主人に振り回されたりして、月見としみじみ酒を呑みあってほしいなって思います。
 ではでは、コメントありがとうございました。

P.S.
 香霖はほら、女の子からのお酒の誘いを断ることに関しては他の追随を許さない絶食店主ですし。この苦労人同盟に参加したら最後ますます苦労する羽目になる(めーりん的な意味で)と、彼は本能的に察知しているのでしょう。


2016.01.29 22:57 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1640/ Re: 因幡の物置さん

因幡の物置さん>
 残念美人!
 いやはや長らくお待たせいたしました。ちょーど、おっこれならまだ出してないみすちーを出せそうだな! というわけでネタを頂戴しました次第です。因幡の物置さんのお陰でミスティアにも出番がやってきました。どうもありがとうございました。
 刷り込みというか、「今までもずっとそうだったから」的な理由で違和感を抱かなくなるっていうのはよくある話だと思いますし、妖夢もきっとそういうパターンなんじゃないでしょうか。……残業って、続くと本当に慣れちゃって、定時で帰ることに不安を覚え始めるから怖いですよねっ(しろめ
 でも考えようによっては、毎日家事を頑張りさえすればゆゆさまと一緒に暮らせるんですから、ある意味ではかなりの好待遇なのかも。
 昔の椛はちゃんと真面目な女の子だったんですよ(遠い目 どうやったらあの駄天魔を更正させられるか日々思い悩んで、そしてそんなことは不可能なのだと遂に気づいて、越えてはいけない一線を越えてしまった感じなんでしょうね笑 黒い笑顔で鬼すらも恐れさせそうです。
 散々暖冬暖冬言われてきましたが、ここに来て遂に冬って感じですねー。因幡の物置さんも体調にはお気をつけて。コメントありがとうございました!
 ではでは、残念美人!

P.S.
 後日、今度は幻想郷の偉い人たちが結託して水月苑に押しかけたとかなんとか。


2016.01.29 22:55 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1639/ Re: 怠惰な奴さん

怠惰な奴さん>
 残念美人!
 いつか、でっかい鰻を一切れ丸々、口いっぱいに頬張って食べるのが夢です(庶民感 鰻を食べるときに、ついついちょっとずつちまちま食べてしまうのは貧乏性なのか……。どうも勿体無く感じてしまって、豪快に食べることができないんですよねえ。
 さておき、家事を仕事と捉えるなら世のお母さん方は十年どころか二十年三十年休みなしなんだよなあとふと気づいてしまって、母親ってすごいなと思いました。椛は……うん、逞しいな!
 この大ちゃん、そのうち相方を止めるためにバックドロップとかやりだすかもしれませんね。でもなぜでしょう、私の中では妙にしっくり来ます笑
 お狐様のお悩み相談室があったら私も通いたいです! いやー、最近モフリン(ケモをモフることで摂取できる栄養素)が摂取できてなくて、ものすごくもふもふしたいんですよねー(チラッ どこかにもふもふさせてくれる人いませんかねー(チラチラッ
 ではでは、コメントありがとうございました。


2016.01.29 00:14 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1638/ Re: BNKNさん

BNKNさん>
 そんなに久しかったか?と思い調べてみたらだいたい十話以内に一度は出てきてる人たちで、ああ要するに私の更新が遅いのが原因なんだなと思いましたっ。まるっ。
 もっとも、偏りがあるのも事実ですけどね。現状最も長い間登場していないアノ御方を、なんとか番外編だけでも登場させられないかと思っているのですが、そこまで手を回す余裕ががががg
 どこか一ヶ所くらい、従者が主人を困らせてるようなところがあってもいいような気がしますが、なぜかないんですよね。この世まで含めていいんだったら小町がいますけど。幻想郷の従者がみんな優秀――いや、主人がみんな残念なんですねっ。
 給金をもらうどころか、財布を掌握していそうな従者もちらほらといますが、単に『主人』と『従者』といってもそれは家族のように親密な関係でしょうから、きっと従者にも「勤労に従事している」という意識がないのかもしれませんね。私たちのお母さんが、毎日休まず家事をこなしてくれているように。
 なんか変に真面目な話になりました。確かに幻想郷で従者として働いたら、一年くらいですごく強かになれそうですね笑 しかし、残念かわいい主人とひとつ屋根の下で生活できるんだったらそれだけで立派なお給金では……ちょっと履歴書書いてきます。
 ではでは、コメントありがとうございました。


2016.01.28 23:59 / 雨宮雪色 #- / URL[EDIT]
1637/

妖夢ェ……よく過労死しなかったな……
んで、やっぱりいじわるになる月見の旦那。このふみう呼びが無くなる日はきっと来ない。

てかミスティアの屋台って鰻あったんだ……八ッ目鰻専門かと思ってました。


2016.01.28 21:41 / まめころさん #- / URL[EDIT]
1636/

いつも投稿お疲れ様です。陰ながら応援させていただいてます。
苦労人同盟、、、みんな大変なんですね。
つくみんが幽々子にどう交渉したのか気になります。


2016.01.27 12:15 / 昆布巻き #- / URL[EDIT]
1633/

ふがふが(以下略←

飯時にこれ読んで良かったと心から思いますw
鰻食いたい…。

苦労人同盟≒従者同盟
幻想郷の偉い人達ェ……
あれですかね?残念成分加わってるから尚更なんですかね?(笑)
そして月見ちょっとそこ代わr…んー、やっぱいいや←

美鈴可愛い。
ワンコだからやっぱり追い掛けるのが好きなのかn(ピチューン
大ちゃんナデナデしたい。
しかし美鈴可愛い。
小悪魔は天使だった…?
ありだと思います←
やっぱり美鈴可愛い。
鈴仙とみょんのやり取りで笑いましたw
いやまぁ確かに間違いではないけど、やっぱり間違ってる気がするww
すごく美鈴可愛い。
籃は…まあいまさらなのでノーコメントで(笑)
本当に美鈴可愛い。
最後に美鈴可愛い←

PS:そういえばみすちーの歌聞いてたけど月見達大丈夫だったの?


2016.01.25 06:20 / ふがし #- / URL[EDIT]
1632/

どうもこんばわカミーユです(´-ω-`)

苦労人同盟・・・そこはかとなく悲しいような哀れなような・・・

そんなことよりだいちゃんが可愛いです。もみじが可愛いです。頭撫でたい。

後誰が一番不憫ってウドンゲが不憫すぎる。

つくみんや、この子達には優しくしてあげて。

それでは次回更新お待ちしております。

P.S.
苦労人といえばこーりんどうしたww


2016.01.25 01:44 / 内村カミーユ試作六号機 #- / URL[EDIT]
1631/

 残念美人!

 今回はいつぞやのリクエストした苦労人同盟の飲み会を書いていただき有り難うございます。やっぱり文章になった物は妄想よりもハッキリと場景が頭の中に浮かんでニヨニヨが止まりませんでした。

 それにしても、みょん吉の仕事環境のブラックさよ……十年近く働きっぱなしで、しかも一人で屋敷を管理しているとか、その上それをおかしいと感じていない辺りかなり危険ですよね。まぁ、種族にものを言わせたごり押しなんでしょうが。
 そしてめーりんもさらっとブラックですよね。休みが月一もあるとか言ってましたが

 そういえば、椛って残念にはなってないですが、一般的なイメージとは違っていますよね。一般的には操の行動に対して胃を痛めていそうなガチガチの真面目キャラだと思うのですが、雨宮さんの椛は黒いんですよね。何だか萃香や勇儀と対等に会話していても違和感の無さそうな感じです。

 さて、今回は私のリクエストが形になったということで雨宮さんに感謝です。まさか書いて貰えるとは思っていなかったのでとても嬉しく思っています。
 インフルエンザが流行ってきていますが、これからもどうか体調に気を付けてお過ごしください。

 ではでは、残念美人!!


P.S. やっぱり見事にオチは付くんですね。読んでる途中で予想はできていましたが。


2016.01.25 00:41 / 因幡の物置 #- / URL[EDIT]
1630/

残念美人!
更新お疲れ様です!

ダメと言われるとやりたくなる、食べるなと言われると食べたくなる。よくあることですね。みすちーの鰻、食ってみたいなぁ...。というか、鰻食いたいなぁ...。鰻重を掻き込むように食べるの、幸せだろうなぁ。食いたい。

従者組の環境ブラック過ぎィ!可哀想通り越して怖いよ!鈴仙とかどんな環境だよ!妖夢とか10年休み無しって...。椛は、うん、逞しいな!

撲殺妖精大ちゃんの流星ラリアット...仲が良いからこその力でのストップですね。...威力おかしいですけど。

にしても、月見によるお悩み相談室とは...繁盛しそうだ。どんな愚痴を言おうと全部聞いてくれて、その上優しく慰めてくれる...。なんていい人(妖怪)だ...!...今更か。

では、次の更新を楽しみに待ってます!


2016.01.24 22:49 / 怠惰な奴 #- / URL[EDIT]
1629/

更新お疲れ様です。

今回な何かと久しい面々が出てきましたね。まあ東方のキャラも今や百を超えているわけですから出番の偏りも仕方ないとは思いますが。

幻想郷の一勢力のトップに立つようなキャラはどれも一癖も二癖もありそうなのばかりですからその分、従者に溜まるものも確かに有りそう。
まず間違いなく、お給金も出てなさそうですし、幻想郷はブラックさが果てしない。適度に休む為には時間を止めなきゃ駄目みたいですね...。

でもまぁ、何だかんだ言いつつも、強かなのは彼女達自身も幻想郷の住人っぽいところですねw



2016.01.24 21:40 / BNKN #- / URL[EDIT]

このページのトップへ